クリムト展 ウィーンと日本1900

2019年09月06日

愛知トリエンナーレ豊田会場で開催中のクリムト展に行ってきました。



物議を呼んでいる名古屋会場はどんな様子か不明ですが、ここ豊田市美術館
ではクリムト歿後100年、日本オーストリア友好150周年記念ということで
過去最大級というクリムトの作品数と展示スケールが素晴らしかったです。
また、クリムトを代表とする当時の芸術家たちに、日本の文化・芸術が与えた
インパクトがいかに大きかったか、そんなところにも焦点をあてた展示と
なっています。



今回日本では初公開の”女の三世代”
じっと見入られている方が多かった作品。 


私は、このクリムトの姪で後に後見人となる6歳の少女の愛らしさと
美しさの入り混じった横顔の作品がとても気に入りました。



2015年、ウィーンを訪問した時に撮影したウィーン分離派会館(セセッション館)。
交差点付近で観光バスの往来の激しい立地。撮影がとても難しかったのを
思い出しました。


クリムト展ウィーンと日本1900
豊田市美術館で10月14日まで。







一覧に戻る