新しい姿で生まれる

2019年09月16日

はっと目に飛び込んでくるポップなカラーリングと縄文土器(火焔土器)の組み合わせがとても斬新。
まさにドキドキ(笑)の出会いでした。

  

気になっていた大森準平氏の個展です。

大病で手術をうけた経験により至った境地から生み出される
作品のいきいきとした煌めき。


東北で発掘されたこの縄文土器の欠片から着想を得たという。
”宝物なんです” と語っておられました。



一覧に戻る